<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

4/29…志布志へ日帰り満腹グルメツアー

チョット所用で鹿児島の志布志市へと出かけました。
今回は妻も一緒に・・・。
GW初日のこの日、折しもご当地では「おしゃか(釈迦)祭」なるものが開催されていました。
地元のお寺の由緒あるお祭りで、釈迦降誕を祝う潅仏会のことです。
小さなお釈迦様像に地元名産のお茶を掛けながら祈ります。
近くのおばあちゃんに聞くと、年の数程かけるんだとか・・・腕が疲れました。
b0207673_148226.jpg

お寺の前には以前から出店が出て賑わっていたそうですが、
現在は地元商店街と連携し、かなりの規模のお祭りになっています。
失礼ながら、普段は恐らく人通りはそうは多くないだろうと思われる通りですが、
この日ばかりは人・人・人・・・・・。
ステージ、シャンシャン馬や踊りバレード、地場産品ブース等々それは賑やかです。
b0207673_1482739.jpg

b0207673_149190.jpg

お腹もすいてきましたので、地元の「ちりめん三昧丼」を頂きました。
S-1グランプリの初代グランプリ受賞の一品です・・・激ウマデです。
(ちなみにS-1・・・とは鹿児島県の商店街グルメコンテストの事の様です。)
b0207673_153390.jpg

そんなこんなで地元や九州各地から応援参加の食材を堪能していると耳慣れた声に気がつきました。
まちづくり関係で知り合った、懐かしの東串良町の「ひっとべ会」の皆さんでした。
相変わらず頑張ってます。(今日も店出しで参加されてました)
b0207673_1561873.jpg

その後近くの温泉へ・・・お友達Kさん設計のナイスな温泉「蓬の里」。
b0207673_1575321.jpg

湯上がりに抹茶アイスも食し、幸せ気分で串間方面へ帰途ドライブ。
お土産も沢山買いました。
薩摩の天ぷらやお茶、もうすぐ建築士会宮崎支部の総会ですので…差し入れの焼酎も。「皆〜きばいやんせ〜」
b0207673_275010.jpg

途中、ダグリ御崎の国民宿舎ですばらしい眺望を堪能。
ここまで美しいとは知りませんでしたし、国民宿舎もとても素敵なところでした。
次回は宿泊したくなるロケーションと建物です。
b0207673_205628.jpg

夕刻串間を通り過ぎる頃、グルメツアーの締めにと大好きマルチョンラーメンへ。
シンブルあっさり味のこちらのラーメンが好きで、串間へ来るといつも立ち寄るんです。
b0207673_28972.jpg

あ〜もう満足・満腹・・・いい旅でした。
[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-30 02:16 |

4/28…建築士会宮崎支部青年部&女性部総会・・・の後

建築士会宮崎支部青年部・女性部の総会が開催され、私は激励のつもりでその後の交流会に参加させていただきました。
この会に参加させてもらったのは、青年部(当時の定年は35歳)を卒業して18年ぶりです。
この空気・・・懐かしや〜
青年部・女性部の皆さん、今年も頑張ろうね。
b0207673_1264967.jpg

何だか青年部とはかけ離れた人が居ますね。
青年部担当の副支部長さんです・・・はい。
[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-30 01:28 | 建築士会

4/28…宮崎市役所の夜

本日は建築士会宮崎支部青年部の総会の日。
ちょっと様子を見たいな〜と、会場の市民プラザへ出かけてみました。
普段 車で通り過ぎる事は有っても、夜ここに来て歩く事は殆ど無く、
この広場の虹色の噴水を近くで見た事が有りませんでした。
なかなか奇麗ですね。
b0207673_1302399.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-30 01:20 | 景観づくり・まちづくり

4/28…職人さんはすばらしい・・・お疲れ様です。

建設中のK邸も仕上に入っています。
先ご紹介したシラス壁材を左官屋さんに塗っていただいています。
職人さんは本当にスゴイですね。
サラサラと壁が仕上がっていきます。
b0207673_1864858.jpg

丁度午後3時になりましたので、棟梁や塗装屋さんとも一緒に一息休憩です。
この時間が好きなんですよね・・・私。
b0207673_1865192.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-28 18:08 | work…H薗邸(宮崎)

4/14…シラス壁研修へ

最近よく使う「シラス壁」(塗り壁材)の研修に参加しました。
 ★4/16の新聞に紹介がありました。(手前にいるマスク男は誰でしょう?)
b0207673_9445458.jpg

研修場所は 都城市山田町にあるこちらの製造工場です。
近づくにつれて普賢岳の灰も多く見られました。
やはり何事もしっかり研修すると違います。自分の思い込みで監理していたところが若干有って、とてもためになりました。
という訳で・・・こんな研修です。(100名以上の参加者でした…人気ですね。)

一通り研修を受けた後で現場へ・・・
シラスの切り出し場です。
b0207673_4443929.jpg

表層の堆積土の下は全てシラスです。
b0207673_445969.jpg

切り出したシラスは、温室に敷きならして乾燥させます。
b0207673_446638.jpg

乾燥させたシラスは粒子の大きさ別に選別されます。
b0207673_4464381.jpg

その後、完全手作業で、
篩(ふるい)にかけたり、顔料を混ぜたり、袋詰めしたり・・・
b0207673_4481123.jpg

そして・・・完成。
b0207673_4482748.jpg

施工の実演も・・・
混練りの固さはこの程度です・・・ここの認識が違ってましたね〜以外と固め。
b0207673_4493335.jpg

さすが指導員、いとも簡単にさまざまなパターンで仕上げます。
b0207673_4501438.jpg

いい勉強になりました。
今回は、ついでに現在工事進行中のお宅用の材料を仕入れてきました…少しお安くね。
17袋のシラス壁材を車に詰め込んで帰りました・・・重かった・・・。
[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-15 04:51 | お仕事全般

4/11…小学校入学式

今日は、宮崎市内の小学校の入学式です。
青少年健全育成協議会の代表として港小学校の入学式に参列してきました。
今日はポカポカ日差しの正に春真っ盛り。
会場はお花いっぱいで、その香りに包まれていました。
ちょっとお洒落にキメた新一年生。
随分前になりますが、我が長男長女の時を懐かしく思い出しながらの参列です。
式は以前とは随分趣向が異なり、本当にほのぼのとした優しいものでした。
子供達には、癒されますね〜。
b0207673_112326100.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-11 11:25 | 地域

4/8…中学校入学式

今日は宮崎市内の中学校の入学式の日です。
私も学校評価委員ということで、宮崎中学校の入学式に参列してきました。
東日本大震災の被災地では卒業式・入学式を挙行できないところも多い様ですね。
式典のご挨拶でも、こうして予定通り入学式を挙行できる幸せのメッセージが数多く有りました。
それにしても最近の中学生は優秀です。
生徒会長の歓迎の言葉も、新入生の誓いの言葉も、自分の同じ年齢の頃と比較すると考えられない程立派です。
春ですね・・・桜が舞い散る中の入学式・・・フレッシュでした。
b0207673_16222415.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-08 16:23 | 地域

4/7…桜トンネル

宮崎は桜が満開。
宮崎市桜は、それでも少しピークを過ぎつつあるのかな。今日は少し強い風が吹いていましたが、桜吹雪状態のところもあちらこちらで見受けられました。

そんな日、所用で小林市に行きました。
細野小学校近くに、ちょいと有名な桜並木が有ると聞いていましたので、ちょっと寄って見ました。
3km程続く桜の並木(桜トンネル)は見事なものでした。
少し花曇り状態でしたので写真は今ひとつですが、何ともすばらしい光景でしたよ。
b0207673_17212979.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-07 17:22 | 景観づくり・まちづくり

4/5…K邸・天井仕上進行中

上棟式以来、構造部を納めていた現場ですが、このところ仕上の施工に入っています。
現在天井を仕上中。

   杉材を大胆に吹抜け天井に・・・
b0207673_1544720.jpg

   針葉樹合板を個室天井に・・・この合板が震災以来手に入るのが困難になって
                 いるんですよね〜
b0207673_1543714.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-06 01:56 | work…H薗邸(宮崎)

4/5…入学おめでとう

昨日まで、娘の大学入学に伴う引越のため東京へと出かけていました。
この度の大震災により関東方面の大学は軒並み各種行事が大きく変更され、娘が通うことになった大学も入学式は取りやめられました。(当初予定の入学式は本日4/5の予定でした。)被災された皆さんの事と万一のことを考慮すると当然の事かとは思いますが、娘にとって晴れやかなひとつの思い出を残すことがてきなかった事は残念なことでした。
それでも、引越のため慌ただしく過ごした3日間には、東京在住の長男とも集い、家族全員で大学進学のお祝いを楽しく出来たことは何よりの幸せでした。
宮崎に戻る時刻、「2日前に戻らないものかな・・・幸せな瞬間をもう一度・・・」という叶わぬ願いがついつい頭を巡り、赤く染まる目を隠しながらの娘との別れでした。

ふたりきりながら、入学式気分の娘の晴れ姿をカメラにおさめたキャンパスの桜は五分部咲き程。
宮崎を出るときに見た近所の五分咲きの桜が、宮崎に戻って見てみると満開に…。
当たり前ですが時は留まることはありませんね。
新たな毎日が続きます・・・元気に頑張らなくては・・・。
b0207673_1274712.jpg

[PR]
by akihiko-matsutake | 2011-04-05 12:09 | ファミリー